てらさかまり整骨院

Tel: 0956-25-4311 休診日:日祝日・木曜

ご予約はこちらから


股関節の話

2018-09-06

股関節

股関節は、私たちが歩いたり、走ったり、しゃがんだり、日常生活において動作を行う上でとても重要な役割を果たしている関節です。トラブルを抱え痛みに悩んでいる人は、日本全国に数百万人いるといわれています。
股関節痛に多いものは「変形性股関節症」という病気によるものですが、日常生活の動作に影響を及ぼしてしまうために、とても不自由な生活を強いられることもあります。痛みをかばうために腰に負担がかかり、腰痛へと発展してしまうこともあるのです。
この記事を読んでいる人のなかには違和感や痛みに悩んでいる人は多いと思いますが、なぜ痛みが生じているのか、違和感があるのか、その原因を理解されていない人も多いでしょう。実は自分自身で理解されている人は案外少ないものなのです。
しかし理解しないでいると、痛みを我慢し様子をみてしまい、悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

股関節が痛い!~歩けない原因と症状

股関節痛は、いきなり激痛に見舞われるようなものではなく、少しずつ悪化していきながら「変形性膝関節症」へと進行していきます。
最初はなんとなくいつもと違う違和感から始まります。
本来ならば痛みのない部分であるはずなのに、何かの動作の時に痛みを感じたり、スポーツ後に違和感があったり、座った時に足が組みにくくなることで、「あれっ」と感じてしまうのです。
このような状態のときには慢性的な痛みを起こしてしまう一歩手前の状態であるといえ、このような人たちはたくさんいると考えられます。
ではどのような症状で、どのような原因によって引き起こされるのかみていきましょう。

股関節とはどのような働きをするものなの?

股関節は、私たちの体を支え、歩いたり、走ったり、立ちあがったり、しゃがんだりするうででとても大切な関節です。そのため一度痛みが生じてしまうと、たちまち生活が不自由なものになってしまいます。ひどいときには、立っているだけや座っているだけでも痛みが生じるようになってしまいますし、動き自体も悪くなってしまいます。
股関節は、太ももの骨(大腿骨)の先端にある丸い部分(骨頭)が、骨盤側の丸いくぼみにうまく組み合わさるようにできています。このような関節のことを「球関節」と呼んでいます。この球関節は、周りの筋肉(中殿筋)によって前や後ろに動かすことや、左右など、自在に動かすことができます。片足立ちができるのも、この中殿筋のおかげなのです。
通常ゆっくりと歩くだけでも体重の数倍の負担がかかっているといわれます。その負担を最小限に食い止めるのが周辺筋肉である中殿筋です。中殿筋の力が弱まってしまうと、バランスを保つことができないようになり、体が傾いてしまいます。


女性に多い股関節痛


股関節痛の症状は、最初に気づいたときには足の付け根から太ももにかけて痛みを生じることが多くあります。 激しい運動をした日やよく歩いた後に気づくことが多いので、少しゆっくりすると治るだろうと考えてしまいますが、動かさなくても痛みが生じるようになります。

少しずつ症状が進行すると、何もしていなくても常に痛みが生じたり、夜寝ていても痛みに悩まされたりします。痛みのために運動ができなくなり、それほど長い距離を歩けなくなることもあります。立っているだけでもつらく感じることもあります。

また日常生活においては、痛みだけではなく動かしにくくなります。いつもできているような靴下を履く動作や足の爪を切る動作、しゃがむことや正座などが難しくなることもあります。

お尻や太もも、ひざなどに痛みや違和感が多いことから、これが股関節の不具合によるものだと気づかないことが少なくありません。この症状が放置していると「変形性股関節症」へと進行してしまうこともあるのです。

このようなリスクを抱えている人は、全国に数百万人おられると考えられており、そのほとんどが女性であるのが特徴です。

なぜなら支えている筋肉である中殿筋は、男性よりも女性のほうが弱い傾向にあるからです。若い間はまだしも、中高年となり少しずつ体が衰えてくるのに伴って中殿筋も弱まり、症状の悪化へと発展してしまう可能性が高くなってしまいます。


変形性股関節症の原因は


股関節は、太ももの骨(大腿骨)の先端にある丸い部分(骨頭)が、骨盤側の丸いくぼみにうまく組み合わさった関節(球関節)で、球関節の部分は軟骨によってスムーズに動かすことができるようになっています。

変形性股関節症は、この軟骨がすり減ってしまい股関節がスムーズに動かせなくなってしまった状態で、関節自身にも炎症を引き起こしてしまい痛みとなってしまいます。

この症状が出ている人のレントゲンを見てみると、関節の軟骨がほとんどなくなっていることがあります。痛みのために動かすことができず、足の筋力が衰え、左右の脚の長さまで変わってしまうこともあるのです。

症状を引き起こしてしまう原因は、軟骨がすり減って関節の隙間が少なくなってしまうことが原因ですが、もともと骨盤側の丸いくぼみが狭い人であれば、引き起こしやすいといわれています。

以前にように痛みなく歩くことができるようになるためには、治療を行わねばなりません。



股関節痛の治療を受けるために

痛みを生じている場合には抑えなければ毎日の生活が不自由で、どんどん歩けなくなってしまう可能性もあります。そのため、現在の症状がどのようなものか、どれくらいの状況なのかなど総合的に判断して、さまざまな治療を行うことになります。


股関節症の診断


痛みや動きに違和感がある場合には、病院でレントゲン写真やMRIを撮って診断を行います。

違和感がある程度の初期症状の場合であれば、軟骨のすり減りや骨の変形など見られないことがありますが、骨盤が狭くなっているなどの悪化リスクを発見することができます。

痛みを生じている場合であれば、画像によって軟骨のすり減りによって関節の隙間が狭くなっていたり、軟骨が骨のように硬くなっていることが分かります。

痛みなどによってかなり生活に影響が出ているような場合であれば、骨が空洞になっていたり、軟骨がなくなっていたりすることがあります。

これらの状況によって、どのような治療が必要になるのか決定していきます。


股関節の治療にはどのようなものがあるの?


治療には、大きく分けて保存療法と手術療法に分けることができます。

保存療法には、

ストレッチやウォーキング、

筋力トレーニングなどを行う「運動療法」

赤外線照射装置や電動マッサージ機などを使う「温熱療法」

痛み止めや注射などを活用する「薬物療法」

杖や補装具などを利用する「装具療法」

などがあります。

保存療法は、早期に発見した場合には進行を抑えることができますので、とても有効です。

痛みの原因の一つに中殿筋の筋力低下がありますので、プールでの水中歩行などによって筋力アップを図ります。肥満気味の人であれば、負担を少しでも軽減するために、同時にダイエットも行っていきます。痛みが生じているような場合であれば、痛み止めを服用して痛みをコントロールしていきます。

手術療法は、保存療法ができないような、日常生活に大きな支障があるような場合に検討される治療法です。

手術療法には、

骨盤や太ももの骨(大腿骨)など、周辺の骨を切っていく「骨切り術」

すり減った軟骨と骨を取り除いて人工のものにする「人工股関節置換術」

があります。

痛みの緩和が期待され、動きがよくなります。


股関節痛の薬


残念ながら、痛みを根本的に治療する薬はありません。

痛みが強く日常生活に悪影響が出ているような場合であれば軽減させる「痛み治療」を行います。一般的には消炎鎮痛薬を内服することで、痛みをコントロールしていきます。湿布などの外用薬や座薬を用いることもあります。

あまりに痛みがひどい場合は、注射をすることもあります。

ただしこの痛み治療は根本的な治療ではなく、別の治療法と並行して行われるものです。痛みが治まってしまうと動けるようになりますが、痛みの根本を取り除かなければ、薬が切れたときにはさらに痛みが増してしまい、動きが悪くなることがあります。

そのため医師の診断に沿って、適切な治療を行わねばなりません。


股関節の痛みや違和感には「運動療法」で!

みなさんには次のような症状がありませんか?

●最近、股関節や股関節周辺に違和感がある
●太ももやお尻などに痛みがある
●股関節の動きが悪くなった気がする
●歩いていると左右のバランスが悪い
●しゃがんだり立ったりするのがつらい

このような症状があるならば、ほったらかしにしていると症状を進行させてしまうこともあるのです。
日ごろから適度に運動して、筋力アップと柔軟性を高めておくことが重要です。ここでは、違和感のある人にとって、有効な運動をご紹介していきます。


股関節のストレッチや運動


年齢を重ね運動不足になると、筋力が低下し硬くなってしまいます。ストレッチや軽い運動を行うことで、柔軟性が高まり痛みが生じにくくなります。

ただし痛みが強い人が行うと、さらに悪化させてしまうことがありますから、必ず主治医の指示のもとに行うようにしてください。また最初はゆっくりと無理せず行うようにしてください。


座って行う股関節体操①


とっても簡単な体操です。

椅子に座りながらできる体操ですので、テレビを見ながらでも行うといいでしょう。最初は5分程度からスタートして、少しずつ時間を延ばしていくといいでしょう。

1、椅子に座って、足の裏をしっかりと地面につけます。
2、足のかかとを上げます(つま先は地面につけたまま)。
3、足のかかとを下ろします。
4、この2と3を繰り返します。両足交互にしても片足ずつでも構いません。 この体操は股関節に負担をかけずに、周辺の筋肉をほぐすことができます。


座って行う股関節体操②


この体操もとっても簡単です。
先ほどの①の続きで行うと血の循環もよくなり、柔軟性も高まりますから効果的です。ただし痛みがある場合には、無理して行わないようにしてください。

1、椅子に楽な姿勢で座り、両ひざを合わせておきます。
2、ひざを肩幅くらいまでゆっくり広げます(無理の範囲で)。
3、ひざをゆっくりと閉じます。
4、リズムよく2と3を繰り返します。

自分が楽だと思う程度に広げて閉じます。音楽でもかけてリズミカルに行いましょう。最初は10回程度からでもいいですが、できるようになれば少しずつ増やしていきましょう。


立って行う腰ふり体操


次は立って体操してみましょう。柔軟性を高めていくストレッチ効果に優れています。

1、足を肩幅程度に広げて楽な姿勢で立ちます。
2、腰に手を当てて、腰を左にふります。
3、腰を右にふります。
4、2と3を繰り返しながら、左右に動かします。

この体操をするときには、頭を動かさずに行うことがポイントです。まっすぐ前を見ながら、腰を左右に動かします。無理に曲げる必要はなく、股関節が動いていることを意識して行うといいでしょう。


まとめ~ストレスを発散しながら改善を目指しましょう

股関節に違和感を持っている人は、300万人~500万人ほどおられ、多くは女性であることが分かっています。
年齢を重ねると、運動不足により筋力は衰え、動きも悪くなり、痛みに悩まされやすくなってしまいます。この状態を悪化させてしまうと、動くことが億劫となり、引きこもってしまうことも懸念されます。
ここではできるだけ体に負担のかからない運動やストレッチの方法をご紹介しました。好きなテレビや音楽をかけながら、楽しく改善していただきたいと思います。
楽しみながら取り組むことで、効果的に改善を目指すことができるでしょう。


>>ブログ一覧はこちらから


腰痛や身体の不調など、まずはご相談ください!
▼  ▼  ▼  ▼

こちら

お問合せ電話番号

0956-25-4311

午前:9:00~12:00 / 午後:14:00~18:30
休診日:日曜・木曜・祝日