てらさかまり整骨院

Tel: 0956-25-4311 休診日:日祝日・木曜

ご予約はこちらから


高血圧症と低血圧症

血圧と言われて、説明できる人は少ないのではないでしょうか?今回は血圧に関するお話です。

血圧って何だろう?

血圧とは、血液の圧力により血管壁が押される力の事です。 心臓から送られる血液の量と血管の硬さによって決まります。 血圧を測って出てくる数値は、大きい数値が「収縮期血圧(最大血圧)」と呼び、心臓が収縮して血液を動脈へ送るときにかかる圧力です。小さい数値は「拡張期血圧(最小血圧)」と呼び、心臓が拡張して血液を戻すときに動脈が元に戻ろうとする圧力です。

高血圧の数値目安
測定場所 最大血圧 最小血圧
病院 140mmHg以下 90mmHg以下
自宅 130mmHg以下 85mmHg以下
高血圧のリスク

高血圧は、自覚症状が出にくいため「サイレントキラー」と呼ばれます。血圧が高い状態が続くと、心臓と血管へ大きな負担をかけ、心臓肥大・動脈硬化が進み、脳卒中、心筋梗塞、心不全、不整脈、腎不全、動脈瘤などの疾患リスクが大きくなります。

高血圧改善の為の生活習慣

・塩分の摂取量を1日5~10g未満にする
・野菜や果物を中心とした食事
・禁煙する
・お酒を控える
・適度な有酸素運動を3日に1回以上行う
・しっかりとした睡眠をとる

低血圧の数値目安
測定場所 最大血圧 最小血圧
病院・自宅 100mmHg以下 60mmHg以下
低血圧のリスク

低血圧は、高血圧に比べると健康上の問題が生じることが少ないですが、安心できるかというとそうでもありません。低血圧の方は、立ちくらみが多くなり、倒れて頭を打つなどのリスクが出てきます。また、血流が悪くなるため臓器機能の低下を招き、全身不調の原因にもなり得ます。

低血圧改善の為の生活習慣

・一汁三菜を基本にバランスよく変える
・朝食をしっかり食べる
・ウォーキング(足を動かす運動)
・足湯やマッサージなどで足を温める

どちらにも言えることは「バランスの良い食事」「適度な運動」です。食事で言えば、外食を減らし、加工食品やインスタント食品を控えること。 運動で言えば、30分以上のウォーキングなど、自分のできる範囲で毎日行い、それを習慣にしてしまうことです。 生活習慣を変えることは、日常を変化させることなので、最初はとてもストレスを感じるかもしれませんが、病院で診察を受ける時間を運動に当てると考えれば、とても有意義で健康的な生活だと思いませんか? できるだけ病院や薬に頼らない生活を送ることを目指して、素晴らしい人生を送りましょう!



腰痛や身体の不調など、まずはご相談ください!
▼  ▼  ▼  ▼

こちら

お問合せ電話番号

0956-25-4311

午前:9:00~12:00 / 午後:14:00~18:30
休診日:日曜・木曜・祝日