てらさかまり整骨院

Tel: 0956-25-4311 休診日:日祝日・木曜

ご予約はこちらから


お肌の乾燥とかゆみ

冬場は特に空気が乾燥し、お肌も乾燥しがちですね。肌が乾燥するとかゆみを伴うことも少なくありません。今回は「お肌の乾燥とかゆみ」のお話です。

なぜ乾燥するのか?

お肌が乾燥する原因として「内的要因」と「外的要因」があります

内的要因

・加齢とお肌の質
・女性ホルモンバランスの乱れと低下
・生活習慣
・皮膚病
・間違った洗顔方法
・自分に合わないスキンケアグッズ

外的要因

・紫外線
・外気の乾燥
・急激な温度/湿度の変化
・大気汚染
・花粉などのアレルギー

こういった要因が複雑に絡み、まずは短期的な乾燥肌になります。短期的な乾燥肌を繰り返すうちに皮脂バリアの低下や、角質保湿機能の低下が起きて、慢性的な乾燥肌になります。そして、最悪の場合はインナードライという敏感肌へと変化してしまいます。

かゆみが出る原因

体がかゆくなる原因は、衣服による摩擦や季節、生活環境、食事、花粉など様々ですが、肌乾燥もかゆみの原因の大きなものです。乾燥肌になると、皮膚の細胞間に細菌などが入りやすくなったり、バリア機能の低下で外部の刺激を受けやすくなったりして、皮膚トラブル(かゆみ)の原因となってしまいます。
かゆみの原因物質は「ヒスタミン」と呼ばれる成分で、お肌が刺激をうけると分泌される成分です。いわゆるアレルギー反応なのですが、かゆいから掻くということをしてしまうと、さらにヒスタミンが分泌されて悪循環に陥ります。
かゆみが出た時は、爪を立てて?かずに、抗ヒスタミンの塗り薬などを使ってかゆみを抑えましょう。
また、氷などで冷やすのもNGです!一時的にかゆみは治まりますが、冷えた箇所が温まると血行が良くなり、かゆみが倍増することもあります。

お肌の乾燥やかゆみを抑えるためにすること

基本的には保湿と生活環境を整えることです。保湿は、セラミドなど保湿成分を含む化粧水を使うことと、化粧水の後にスキンケアオイルを使い、油分で肌水分が蒸発しないようにフタをするイメージです。
生活環境は、加湿器などで湿度を保つこと、また、勤め先などで加湿器が置けない場合は、タオルやハンカチを濡らして近くにかけておくだけで湿度があがります。こまめにミスト状の化粧水を顔に吹きかけ、しっかりと手のひらで抑えこむのも効果的です。
入浴も暑い湯船は避けて、ぬるめのお湯に長くつかる方が、乾燥肌を防げます。また、ご存知の方も多いと多いと思いますが、入浴後はお肌の水分が蒸発しやすいので、できるだけ早く化粧水などでの保湿を行いましょう。
乾燥やかゆみは、事前の予防が大切です。



腰痛や身体の不調など、まずはご相談ください!
▼  ▼  ▼  ▼

こちら

お問合せ電話番号

0956-25-4311

午前:9:00~12:00 / 午後:14:00~18:30
休診日:日曜・木曜・祝日