ベジタリアン、ビーガンの違い

健康や倫理、宗教などの理由で、肉や魚を食べない菜食主義の人たちを、総じてベジタリアンと呼びます。野菜に加えて乳製品と果物は摂取する「ラクトベジタリアン」、卵と果物も摂る「オボベジタリアン」など、主義の違いで分類はいくつかに分かれますが、その中でも一番厳格な完全菜食主義が「ヴィーガン」です。

菜食主義のメリットとしては、

  1. 生活習慣病の改善…肉を減らすと、高血圧や糖尿病、肥満のリスクが低下
  2. 疲労からの解放…菜食は消化に使うエネルギーが最小限になる
  3. 脳機能の向上…消化の負担を減らすと、血液が胃に集中せず頭が働く
  4. 体臭の減少…肉をよく食べる人は体臭がきつくなるといわれている
  5. 食への意識向上…体にいいものを選んで食べられるようになってくる

などがあります。

デメリットとして挙げられるのは

  1. 外食、会食の場で気を使う…周囲と同じものが食べられないので消極的に
  2. 便通が悪くなる…動物性脂肪が不足すると便通が悪く
  3. 食費がかかる…栄養バランス、満足感を満たすためかえって食費がかさむ
  4. 栄養バランスの偏り…完全菜食主義「ヴィーガン」の場合、ビタミンやミネラルなどが不足しがち

など。

体や心の健康への影響を考えながら、自分に合う食事について改めて考えてみたいですね。

一覧にもどる